骨董品の満足買取なら、吉岡美術

気軽に無料相談【通話無料】

0120-89-5108

フリーダイヤル受付時間 8:00〜20:00(年中無休)

Webから無料査定
法人様はこちら

お客様の大切茶入
専門鑑定士
どこよりも高額鑑定

出張費 / 鑑定費無料

吉岡美術では、唐物、瀬戸焼、薩摩焼などの、
様々な茶入の骨董品買取を承っております。

茶入の高額買取なら、
骨董品買取専門の吉岡美術へ

茶入の買取価格は、たとえ同じ品物でもお売りいただく際の
買取店・鑑定士によって大きく変わる場合がございます。

吉岡美術では、まだどこかで眠っている茶入の価値を、
経験豊富な店主自らが査定し、
高額鑑定へと結びつけます。

初代店主
鑑定歴45

二代目店主
鑑定歴20

買取可能な茶入一覧

  • 唐物
  • 瀬戸焼
  • 薩摩焼
  • 高取焼
  • 丹波焼
  • 備前焼
  • 唐津焼
  • 膳所焼

上記以外のお品でも茶入の骨董品でしたら買取が可能ですので、どうぞお気軽に吉岡美術にご相談ください。

吉岡美術
茶入買取実績

  • 亡くなった母の遺品整理したいと思い、今回買い取っていただきました。
    全然骨董品は詳しくなかったのですが、親切に分かりやすく説明してもらえて安心でした。
    また別の機会があればそのときはよろしくお願いします。

    ※写真はイメージです。

  • 傷んでしまっていたので、そもそも引き取っていただけるのか不安でしたが、お電話でご丁寧に対応していただきました。
    しかも、思ったよりも高額で引き取っていただけましたので良かったです。ありがとうございました。

    ※写真はイメージです。

  • 祖父の形見だったので、売るか迷っていましたが、思い切って査定をお願いしました。また、有名な作家さんの品物とは知らなかったので、吉岡美術さんは正直に分かりやすく説明した上で、とても高い価格で買い取ってくれました。
    大切なものだったので、安心してお任せできました。

    ※写真はイメージです。

  • 骨董品集めが趣味で、いくつか持っていたのですが整理するために今回買い取っていただきました。
    鑑定士さんの骨董品の知識も豊富で、お話していてもとても楽しかったので、また頼みたいと思います。ありがとうございました。

    ※写真はイメージです。

納得のできる、満足買取の為に

茶入を高く売るための
3つのポイント

POINT
1
余計な手入れをせず、
そのままの状態を保つ

茶入は取り扱いがとても難しく、変色や汚れが目立つからといって拭いてしまったりすると、損傷やシミなどができてしまう恐れがあります。お品によっては、お手を触れただけで、本来の価値を著しく下げてしまうことも。そのため、茶入を見つけられた際にはお手入れをせずに、そのままの状態でお売りいただくことをお勧めいたします。

POINT
2
箱などの付属品を
揃える

銘の記載された箱など、茶入としての価値を証明する付属品なども一緒にお売りいただくことで、査定額が大きく変わります。茶入をお売りになる際には、本体以外にも付属品などをお持ちかどうか、ぜひご確認いただくことをお勧めします。

POINT
3
茶入の作家名を
確認する

茶入の買取において特に重要なポイントとして、茶入を作成した作家が著名であるかどうかという点が査定額を大きく左右します。不要だと思っていた茶入が高額品だったという可能性がございますので、まずは可能な限り、お持ちの茶入の作家について調べてみると良いでしょう。

茶入の代表的な作家一覧

  • 金重陶陽
  • 三輪休雪
  • 酒井田柿右衛門
  • 永樂善五郎
  • 樂吉左衛門
  • 音丸耕堂
  • 尾形乾山
  • 藤原雄

状態の悪い茶入でも、
諦めずにお持ち寄りください

変色・汚れ・欠けが
あっても大丈夫

こんな状態でも
ご相談ください

  • ・変色、汚れがある
  • ・付属品が足りず、作家名が不明
  • ・割れ、欠けがある

上記はあくまでほんの一例となりますので、茶入が家にあるけど価値が付くのかどうかわからなくて処分しようか悩んでいる、という方はまずは一度ご相談ください。

茶入の歴史と買取

茶入の歴史

茶入は茶道で使用する道具の一つです。濃茶を入れる容器として使用され、陶磁器で作られています。これに対し、薄茶を入れる際は棗が広く使用されています。

茶入の起源は、鎌倉時代に中国から伝来した小壺といわれています。当初は中国と同じように薬や油などを入れる油壺として使用されていたようです。

その後、室町時代には茶道で抹茶を入れる器として用いられるようになりました。安土桃山時代には形、大きさ、釉薬など茶入の特徴を鑑賞し、良い品であるか見極められることが茶人に求められるようになり、茶道の中で茶碗とともに重宝されています。

吉岡美術の
茶入買取

精緻な技術と文化が詰まった茶入は、芸術品としての高い価値が認められている茶道具の一つです。骨董品買取市場においても実用品でありながら、芸術品としても人気の高いアイテムになっています。

中でも茶入の買取は、茶入の形・釉薬による色や現れた景色・華やかな絵付・手触りなど、一つとして同じものはありません。作者によって個性があるため、有名な作家が手掛けているかが、更なる高額査定につながるポイントになります。

をまとめて

初代店主
鑑定歴45

二代目店主
鑑定歴20

TV出演も多数

買取実績30

1点からでも対応可能 完全無料出張/写真査定

気軽に無料相談【通話無料】

0120-89-5108

フリーダイヤル受付時間
8:00〜20:00(年中無休)

大阪 兵庫 京都などのエリアでの出張買取実績多数

写真を撮って送るだけ

LINEのアイコン

LINEで送る

QRコードから、吉岡美術を友達に追加するだけ!
お名前/商品名/商品写真をお送りください。

LINEのQRコード
MAILのアイコン

メールで送る

QRコードをお手持ちのスマートフォンにかざしてください。スマートフォン専用ページに移動します。

MAILのQRコード

リサイクル・廃品業などの企業様へ

骨董品の扱いにお困りなら

無料今すぐ依頼

まとめて

TV出演も多数

初代店主
鑑定歴45

二代目店主
鑑定歴20

買取実績
30

1点からでも対応可能
完全無料出張/写真査定

気軽に無料相談通話無料0120895108

写真を撮って送るだけ

無料メール鑑定
LINE鑑定

大阪 兵庫 京都
などのエリアでの出張買取実績多数

リサイクル・廃品業などの企業様へ

骨董品の扱いにお困りなら

無料今すぐ依頼