骨董品の満足買取なら、吉岡美術

気軽に無料相談【通話無料】

0120-89-5108

フリーダイヤル受付時間 8:00〜20:00(年中無休)

Webから無料査定

お客様の大切銀瓶
専門鑑定士
どこよりも
高額鑑定

出張費 / 鑑定費無料

吉岡美術では鎚起、へら絞りなどの、様々な
銀瓶の骨董品買取を承っております。

銀瓶の高額買取なら、
骨董品買取専門の吉岡美術へ

銀瓶の買取価格は、たとえ同じ品物でもお売りいただく際の
買取店・鑑定士によって大きく変わる場合がございます。

吉岡美術では、まだどこかで眠っている銀瓶の価値を、
経験豊富な店主自らが査定し、
高額鑑定へと結びつけます。

初代店主
鑑定歴43

二代目店主
鑑定歴18

買取可能な銀瓶一覧

  • 霰模様

上記以外のお品でも、銀瓶の骨董品でしたら買取が可能ですので、どうぞお気軽に
吉岡美術にご相談ください。

吉岡美術
銀瓶買取実績

  • 銀瓶について全く詳しくなかったので、買取金額がいくらくらいになるか、見当もつきませんでした。そこで吉岡美術さんにご相談させていただいたところ、丁寧にご対応くださり、細かく話を聞いていただけました。査定の結果、とても貴重な銀瓶だとわかり、高額で買い取っていただくことができました。

    買取合計金額420,000

  • 以前、オークションで高値で落札した品だったので、丁寧に見ていただける業者にお願いしたいと思い、吉岡美術さんにお願いしました。担当者の方に当時の落札価格や作成者などを細かく伝えると、おおよその査定金額を提示してくれました。結果的に、満足のいく金額で買い取っていただけました。

    買取合計金額350,000

  • 父が亡くなり、遺品整理を行っていると、とても年季の入った銀瓶が見つかりました。とても大事にしていた品物だったので、信頼できる業者にお願いしたいと思い、評判の良さそうな、吉岡美術さんに連絡をしました。結果、高価買取につながったので、家族一同、大変満足しています。

    買取合計金額270,000

  • 以前は美術品収集が趣味だったのですが不要になり、査定していただきました。複数の業者にも依頼をしたのですが、吉岡美術さんが最も高い値段をつけていただいたので、買取をお願いすることにしました。この度はありがとうございました。

    買取合計金額190,000

納得のできる、満足買取の為に

銀瓶を高く売るための
3つのポイント

POINT
1
余計な手入れをせず、
そのままの状態を保つ

銀瓶は取り扱いがとても難しく、変色や
汚れが目立つからといって拭いてしまったりすると、損傷やシミなどができてしまう恐れがあります。お品によっては、お手を触れただけで、本来の価値を著しく下げてしまうことも。そのため、銀瓶を見つけられた際にはお手入れをせずに、そのままの状態でお売りいただくことをお勧めいたします。

POINT
2
箱などの付属品を
揃える

銘の記載された箱など、銀瓶としての価値を証明する付属品なども一緒にお売りいただくことで、査定額が大きく変わります。銀瓶をお売りになる際には、本体以外にも付属品などをお持ちかどうか、ぜひご確認いただくことをおすすめします。

POINT
3
銀瓶の作家名を
確認する

銀瓶の買取において特に重要なポイントとして、銀瓶を作成した作家が著名であるかどうかという点が査定額に大きく左右します。不要だと思っていた銀瓶が高額品だったという可能性がございますので、まずは可能な限り、お持ちの銀瓶の作家について調べてみると良いでしょう。

銀瓶の代表的な作家一覧

  • 秦 蔵六
  • 紹美 栄祐
  • 中川 浄益
  • 北村 静香
  • 竹影堂 栄真
  • 尚美堂
  • 石黒 光南
  • 生駒
  • 一望斎

状態の悪い銀瓶でも、
諦めずにお持ち寄りください

変色・汚れ・欠けが
あっても大丈夫

こんな状態でも
ご相談ください

  • ・変色、汚れ、くすみがある
  • ・付属品が足りず、作家名が不明

上記はあくまでほんの一例となりますので、
銀瓶が家にあるけど価値が付くのかどうか
わからなくて処分しようか
悩んでいる、と
お考えの方はまずは一度ご相談ください。

銀瓶の歴史と買取

銀瓶の歴史

日本の伝統工芸品のひとつである銀瓶は、別名で「銀やかん」とも呼ばれ、銀を原料素材とした煮沸かしの道具として、その昔貴族や王族などの富裕層たちの間で親しまれてきました。
銀瓶は1600年代に盛岡市で生まれた南部鉄器の一種に当たり、同じ南部鉄器である鉄瓶と同じく、熱の電動率が高いため実用性が非常に高く、主に茶道の場において重宝されました。

また、貴重な素材である銀で作られたものなので、観賞用のコレクションアイテムとしての需要があり、
銀瓶はやがて加工技術が高度成長を迎えて、様々な作家によって洗練された趣のある、
見た目の美しい銀瓶が作られるようになり、江戸時代において盛んに製作が行われていました。

吉岡美術の
銀瓶買取

日本の伝統技法を用いて作られ、古来より茶道家や富裕層たちに親しまれてきた銀瓶ですが、買取金額の違いが出るポイントとして、まず挙げられるのは銀瓶の原材料となる、銀の純度が重要であると言えます。純度100%の銀で作られた銀瓶が高いものはもちろんですが、銀と鉄の割合という細かい指標も骨董品買取の現場においてはシビアに判断されます。

また、著名な作家によって製作されたかどうかというのも大きなポイントになり、ものによっては数百万円に及ぶ品も。

ただし、銀瓶の価値を見定めるには膨大な知識による審美眼と、贋作と本物を見分ける為の鑑定士としての経験値が必要になります。
吉岡美術では、まだどこかで眠っている銀瓶の価値を、幾多の経験によって培われた確かな見識で店主自ら査定いたします。

をまとめて

初代店主
鑑定歴43

二代目店主
鑑定歴18

TV出演も多数

買取実績28

1点からでも対応可能 完全無料出張/写真鑑定

気軽に無料相談【通話無料】

0120-89-5108

フリーダイヤル受付時間
8:00〜20:00(年中無休)

大阪 兵庫 京都などのエリアでの出張買取実績多数

写真を撮って送るだけ

LINEのアイコン

LINEで送る

QRコードから、吉岡美術を友達に追加するだけ!
お名前/商品名/商品写真をお送りください。

LINEのQRコード
MAILのアイコン

メールで送る

QRコードをお手持ちのスマートフォンにかざしてください。スマートフォン専用ページに移動します。

MAILのQRコード

リサイクル・廃品業などの企業様へ

骨董品の扱いにお困りなら

無料今すぐ依頼

まとめて

TV出演も多数

初代店主
鑑定歴43

二代目店主
鑑定歴18

買取実績
28

1点からでも対応可能
完全無料出張/写真鑑定

気軽に無料相談通話無料0120895108

写真を撮って送るだけ

無料メール鑑定
LINE鑑定

大阪 兵庫 京都
などのエリアでの出張買取実績多数

リサイクル・廃品業などの企業様へ

骨董品の扱いにお困りなら

無料今すぐ依頼