骨董品の満足買取なら、吉岡美術

気軽に無料相談【通話無料】

0120-89-5108

フリーダイヤル受付時間 8:00〜20:00(年中無休)

Webから無料査定
法人様はこちら

お客様の大切
ガラス工芸
専門鑑定士
どこよりも
高額鑑定

出張費 / 鑑定費無料

吉岡美術では江戸切子、薩摩切子、小樽ガラス、
琉球ガラスなど、様々なガラス工芸の骨董品
買取を承っております。

ガラス工芸の高額買取なら、
骨董品買取専門の吉岡美術へ

ガラス工芸の買取価格は、たとえ同じ品物でもお売りいただく際の買取店・鑑定士によって大きく変わる場合がございます。

吉岡美術では、まだどこかで眠っているガラス工芸の価値を、
経験豊富な店主自らが査定し、
高額鑑定へと結びつけます。

初代店主
鑑定歴43

二代目店主
鑑定歴18

買取可能なガラス工芸一覧

  • 江戸切子
  • 薩摩切子
  • エミール・ガレ
  • 藤田 喬平

上記以外のお品でも、ガラス工芸の骨董品でしたら買取が可能ですので、どうぞお気軽に吉岡美術にご相談ください。

吉岡美術
ガラス工芸買取実績

  • ※写真はイメージです。

    父が生前整理を行う為、いくつかの品を手放すことにしました。父としては、リサイクルショップなどではなく、しっかり価値を見抜ける専門の方に見て欲しいとのことで、吉岡美術さんにお願いをすることにしました。実際に出張に来ていただいたところ、作品の隅々までを見ていただけて、父も納得のいく金額をつけていただきました。

    買取合計金額650,000

  • ※写真はイメージです。

    自宅に鑑賞用の部屋を設けるほどガラス工芸が好きで、世界各国の珍しい品を収集していました。ですが長年コレクションを続けた結果、置き場もほとんどなくなったので、いくつかの品を売ることにしました。いつもやりとりをさせていただいている吉岡美術さんに、今回も査定をお願いしたところ、高く買取ってもらう事が出来ましたのでとても満足です。

    買取合計金額150,000

  • ※写真はイメージです。

    数年前に贈り物でいただいたガラス工芸なのですが、普段特に使うこともないので、棚の中にしまったままにしていました。
    有名な作家の品だと聞いていたので、もし高く売れるようならと思い、こちらのサイトを見て、申し込みをさせていただきました。想像していたよりも高い金額をつけていただいたので、とても驚きました。

    買取合計金額300,000

  • ※写真はイメージです。

    ガラス工芸を売ろうと思い、出張鑑定をお願いしたのですが、
    実際に来ていただいたスタッフさんの対応がとても良く、好印象でした。
    少しでも高く売れたらいい、程度に考えておりましたが、つけていただいた買取価格が思った以上に高額で、とても満足しています。思い切って専門家の方に鑑定をしてもらって良かったです。

    買取合計金額1,200,000

納得のできる、満足買取の為に

ガラス工芸を高く売るための
3つのポイント

POINT
1
余計な手入れをせず、
そのままの状態を保つ

ガラス工芸は取り扱いがとても難しく、汚れが目立つからといって拭いてしまったりすると、傷やヒビなどができてしまう恐れがあります。お品によっては、お手を触れただけで、本来の価値を著しく下げてしまうことも。そのため、ガラス工芸を見つけられた際にはお手入れをせずに、そのままの状態でお売りいただくことをお勧めいたします。

POINT
2
箱などの付属品を
揃える

銘の記載された箱など、ガラス工芸としての価値を証明する付属品なども一緒にお売りいただくことで、査定額が大きく変わります。ガラス工芸をお売りになる際には、本体以外にも付属品などをお持ちかどうか、ぜひご確認いただくことをおすすめします。

POINT
3
ガラス工芸の作家名を
確認する

ガラス工芸の買取において特に重要なポイントとして、ガラス工芸を作成した作家が著名であるかどうかという点が査定額に大きく左右します。不要だと思っていたガラス工芸が高額品だったという可能性がございますので、まずは可能な限り、お持ちのガラス工芸の作家について調べてみると良いでしょう。

ガラス工芸の代表的な作家一覧

  • 日本人作家

    • 岩田 藤七
    • 川原 有造
    • 工藤 直
    • 小暮 紀一
    • 竹内 洪
    • 田上 恵美子
    • 永田 美保子
    • 野田 雄一
    • 藤田 喬平
    • 三浦 啓子
    • 由水 常雄
    • 米原 眞司
    • 石井 康治
  • 海外作家

    • ジョエル・フィリップ・マイヤー
    • ドーム兄弟
    • ルネ・ラリック
    • ソーノ・タリアピエトラ
    • エミール・ガレ
    • ルイス・C・ティファニー
    • ハリー・クラーク
    • ディル・チフーリ
    • ハワード・ベン・トレ
    • シェーン・フェロー
    • フレデリック・カーダー
    • イジィ・ハルツバ

状態の悪いガラス工芸でも、
諦めずにお持ち寄りください

傷・欠けが
あっても大丈夫

こんな状態でも
ご相談ください

  • ・傷がある
  • ・付属品が足りず、作家名が不明
  • ・割れ、欠けがある

上記はあくまでほんの一例となりますので、ガラス工芸が家にあるけど価値が付くのかどうかわからなくて処分
しようか悩んでいる、とお考えの方はまずは一度ご相談ください。

ガラス工芸の歴史と買取

ガラス工芸
の歴史

ガラス工芸の歴史については諸説ありますが、通説ではその歴史は紀元前にまで遡り、ガラス加工の発祥はエジプトだと伝わっております。

当時はその加工技術の難しさなどから、ガラス工芸品はとても貴重な存在であり、宝石と同じ価値で取引されていたとも言われています。
その価値は現代においても失われることはなく、その技術も進化をし続けています。

また、ガラス工芸は世界各国それぞれの独自の技術が発達しており、日本国内では「江戸切子」や「薩摩切子」などがあります。中でも、コレクターに人気が高いのは、19世紀から20世紀にかけてのアール・ヌーボーや、アール・デコなどの芸術様式が広まった時代に生み出された作品です。また、有名な作家「エミール・ガレ」はアール・ヌーボーの時代の代表的な工芸家であり、ガレのガラス工芸品は世界中で、高く評価されています。

吉岡美術の
ガラス工芸買取

ガラス工芸には数多くの贋作やレプリカなどが存在します。また、有名な作家のガラス工芸品に関しても、たとえ本物であってもどの時期に作られたものなのかを見分けるのは難しく、作品の特殊性や使用されている技術などが価値の判断基準となるため、その品の価値を見極めることは決して容易なことではありません。

吉岡美術では、幾多の経験によって培われた確かな見識がございますので、売却を検討される際には、吉岡美術に査定をお任せください。

をまとめて

初代店主
鑑定歴43

二代目店主
鑑定歴18

TV出演も多数

買取実績28

1点からでも対応可能 完全無料出張/写真鑑定

気軽に無料相談【通話無料】

0120-89-5108

フリーダイヤル受付時間
8:00〜20:00(年中無休)

大阪 兵庫 京都などのエリアでの出張買取実績多数

写真を撮って送るだけ

LINEのアイコン

LINEで送る

QRコードから、吉岡美術を友達に追加するだけ!
お名前/商品名/商品写真をお送りください。

LINEのQRコード
MAILのアイコン

メールで送る

QRコードをお手持ちのスマートフォンにかざしてください。スマートフォン専用ページに移動します。

MAILのQRコード

リサイクル・廃品業などの企業様へ

骨董品の扱いにお困りなら

無料今すぐ依頼

まとめて

TV出演も多数

初代店主
鑑定歴43

二代目店主
鑑定歴18

買取実績
28

1点からでも対応可能
完全無料出張/写真鑑定

気軽に無料相談通話無料0120895108

写真を撮って送るだけ

無料メール鑑定
LINE鑑定

大阪 兵庫 京都
などのエリアでの出張買取実績多数

リサイクル・廃品業などの企業様へ

骨董品の扱いにお困りなら

無料今すぐ依頼